肌への執着からの解放

私は自分の肌に対するコンプレックスや、美肌に対する執着が強い人間でした。
思えば私は中学生のころからニキビ、毛穴、べたつきが気になり始めました。
自己流のケアで何とかしようとしても、いじりすぎてか、悪化する一方、、、。

http://www.huntbiosciences.com/

大学生になり、ニキビが落ち着いてきたと思えば今までつるつるだったはずのおでこに小じわのようなものが目につき始めました。
これから先も肌の悩みが尽きないかと思うとなんだか憂鬱になりますよね。

我ながら美容にはそれなりに気を使い、お金も使ってきた方だと思っています。
今までしてきたことといえば、
・収れん化粧水
・毎日のフェイスパック
・スクラブや酵素洗顔、某デパコスの毛穴にきくというジェル洗顔。
・肌断食
・リプライセルやDHCなどのサプリメント
・憧れのアイドルが使っているという韓国の基礎化粧品
・スキンコンディショナーやSKⅡといったお高めの基礎化粧品
こうして挙げて見れば色々頑張っていたんだな、、、、
ですが、なぜかスキンケアをした後は肌が赤みを帯びていたり、毛穴が目立っていたり、、
こんなに頑張っているのに、自分よりも安い基礎化粧品で自分よりもお肌のきれいな子がうらやましくてしょうがなかったです。

そんな私の今のスキンケアは、
朝は水で30回洗顔、アベンヌウォーターを吹きかけてワセリン
夜は無添加の固形石鹸で洗顔をした後、朝と同じくアベンヌウォーターを吹きかけてワセリンというシンプルなスキンケアに落ち着きました。
劇的に肌がよくなったか、と聞かれるとよくわかりません。ですが、精神的にはすごく楽になったと思っています。

シンプルなケアにすることで、肌に対しての関心・執着が少し収まりました。多少の毛穴は許せるようになり、自分の肌の白さや頬のきれいさなど、長所に目が行くようになりました。
また、前までは次々と通販でスキンケア用品を注文していたため、お金を使うことに対しての後ろめたさを感じていましたが、今使っているワセリンは1000円ほどで半年以上持つので金銭的にも後ろめたさがなくなりました。

きっと、広告やSNSなどで周りと比べて、自分の肌に自信が持てない人は多くいると思います。やればやるだけ結果が出ればいいですが、私のように何をやってもうまくいかない人もいるはず。
どう頑張っても結果が出なくて苦しい。
そんな人ほど、一度シンプルに、加えすぎず、省かすぎずのスキンケアをやってみるといいのではないかな、と思います。きっとシンプルなスキンケアに慣れた時、気にしすぎていたことや金銭的な圧迫から少し、解放されているはず。

私は、今ではスキンケアは娯楽だと考えています。趣味のように楽しめるなら、好きなブランド、香りや使い心地にこだわることも素敵なことですよね。
自分に合ったものを見つけられているなら、きっとすごく楽しい。
ですが、それが精神的・金銭的に自分を苦しめるのであればそれは少し違うのかな、とも思います。
頑張りすぎず、執着しすぎず。ゆっくりと自分に合う方法を見つけていけばいいのではないでしょうか。