足の乾癬

私は現在51歳になりますが、右足のスネに皮膚炎が発生したのが、約20年前の30歳を過ぎた頃位からで、最初は水虫だと思い込んでいたので、水虫用のクリームを市販で購入して塗っていました。しかし、良くなるどころか皮膚炎はどんどん拡大し悪化して治らない状態が続いて、最終的には右足のスネ全体に広がってしまい、外観も悪くなり周りからも心配された為、渋々でしたが皮膚科専門病院で診察を受けました。診断の結果は乾癬でした。乾癬はその時に初めて知りました。

nicoせっけんは販売店で市販されている?

 乾癬とは、皮膚の角化や肥厚とともに炎症が生じる病気で、皮膚がぼろぼろになるので、見た目が悪く、時折無性に痒くなり、またぼろぼろと掻きむしってしまうことが繰り返されて、最後は皮膚が剥がれて出血したりします。私も暫くは痒みが止まらず落ち着かず大変でしたが、処方してもらったステロイド系マイザー軟膏を塗布し続けることで、約10年後の40歳頃に完治しました。やっと治ったと安心していると、今度は右足の裏の土踏まずに乾癬が発生しました。こちらも同様のクリームで約5年後に完治しました。

 しかし、今度は新たに左足のスネと左足の裏の土踏まずの部分に乾癬が発生しました。それで50歳を過ぎた現在でも、マイザー軟膏を右足に塗っています。塗った後は大体炎症がなくなり良くなります。でもまた暫くすると痒みが出てきて掻きむしり、皮膚が炎症を起こします。最初の乾癬発生からもう30年にもなりますが、兎に角、めげずに治療薬を塗り続けています。あと何年塗れば完治するのかをいつも考えています。早くこの痒みから解放されたいと、いつも思っています。乾癬は本当になかなか治らない皮膚炎です。