いつのまにか潤いを失ってしまった肌

 20代から30代の頃は肌には自信があり、日頃からスッピンで過ごしていてもきめ細やかなハリのある肌で、「人形みたい」と言われたりもしました。そのため、油断してお風呂上がりやメイク前の基礎化粧品は、面倒くさくてついサボりがちでした。仕事や子育てで忙しく過ごしているうちに、あっという間に年齢を重ね、だんだんと肌がかさつき化粧のノリも悪くなり、ほうれい線や目尻の笑い皺、二重顎が気になるようになってきたのですが、見て見ぬふりをしていました。

http://www.grwyovalas.org/

 40代になり、久しぶりに同窓会であった同級生に「お互い歳とったね」と言われハッとしました。心のどこかで、「変わらないね」とか「その歳に見えないね」などのお世辞が返ってくるのではないかとたかを括っていた自分がいたのです。

 以来、現実から目をそらさず、これ以上皺を増やさないために、お風呂上がりとメイク前の保湿ケアを欠かさずするようになりました。年齢が表れる首や手にも顔と同じようにしっかりと潤いケアをしています。面倒くさがりの性格なので、オールインタイプのジェルやクリームを メインに使っています。UVケアにも気を使い、外に出る時は必ずSPF50PA+++の日焼け止めクリームとファンデーションを塗り、休みの日で家から出ない日でも朝からメイクをしています。

 最近では顔や手がかさつくこともなく、化粧のノリも良くなってきました。継続は力なりですね。
 次は、小顔マッサージに挑戦して、ほうれい線や二重顎の改善を目指します。